ミイル、アンバサダー制度を活用した食の直売EC支援事業を開始 〜第一弾は新潟「カガヤキ農園」と提携し、食のソーシャルECを開始〜

プレスリリース

 

ミイル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大下徹朗、以下「当社」という)は、アンバサダー制度を活用した「食の直売EC支援事業」を2014年6月16日に開始したことをお知らせいたします。

当社は、「食のコミュニーションを通じ、人々に、幸せになる力を与えること」というミッションのもと、世界で最も人々を幸せにする世界初のプラットフォームを作るべく、ミイル(http://miil.me/)を運営しております。2014年5月時点の月間ユーザーアクティビティ数は約1,000万件であり、成長を続けております。

本リリースについて

本事業において、提携する生産者は自社商品の思いやこだわりを、アクティブ度の高いミイル会員に対して直接訴求することができます。また、1,000名を超える応募者から選抜されたミイル会員を「アンバサダー」として認定することで、アンバサダーが投稿する料理写真を通じて生産者の思いが代弁されます。当社は、ミイルおよびミイルに投稿される様々な料理写真を介して、生産者と消費者間の直接購入(販売)の機会向上に貢献してまいります。

第一回目は、新潟県のカガヤキ農園(http://www.kagayakifarm.com/)と当社が提携いたしました。近年高まる消費者の食・食材に対するこだわりの声と同様に、生産者側の「自分が育てた野菜がどのように料理され、どのように食卓に並ぶのかを見てみたい」というニーズとも合致し、今回の提携に至りました。

本事業のためにミイル内に新設されたページには、以下3つの機能が設けられており、ソーシャルコマースのループ(投稿する→会話する・知る→買う→投稿する、という循環)を実現します。

  1. アンバサダーが投稿した写真(他の購入者による投稿も可能)
  2. 生産者が商品への思いやこだわりを伝えることができる写真
  3. 生産者の商品を購入できるECサイトへリンクするカタログ写真

なお、生産者および当社からアンバサダーへの金銭の支払いはございません。

20140616_01 20140616_02

■ミイルについて
ミイル(http://miil.me/)は、食べることが好きな人のためのSNSアプリです。2014年5月末日時点の登録会員数約32万人、月間約40万枚の食事の写真が投稿され、累計約500万枚の写真が投稿されています。会員の約8割は女性で、食のライフログ機能はもとより、食を通じたコミュニケーション等、様々な形で利用されており、2014年1月には特別機能を利用できるプレミアムサービスを開始し、同年2月にはPCブラウザ版を拡充いたしました。


■ミイル株式会社について
社名:ミイル株式会社
代表者:代表取締役社長 大下徹朗
所在地:東京都渋谷区神宮前6丁目19-14 神宮前ハッピービル8階
資本金:2億1799万円
URL: www.miil.jp お問い合わせ: info@miil.jp
ミッション:当社のミッションは「食のコミュニケーションを通じ、人々に、幸せになる力を与えること」です。ミイルの開発・運用を経て、世界で最も人々を幸せにする世界初のプラットフォームを作りあげていきます。

■ 本件に関するお問い合わせ
E-mail:info@miil.jp tel: 03-6427-3613 担当:藤瀬